ピアノの鍵盤は、どうして88鍵になったのでしょうか?

ピアノの鍵盤は、どうして88鍵になったのでしょうか?

ピアノができた初期の頃、鍵盤は54の鍵盤でしたが、当時の音楽家たちは、もっと音域の広い音が出るピアノが欲しいと要求しました。現在のピアノの鍵盤の数は88鍵です。これは7オクターブに3音が主流になっています。この音域が作られて定着したのは1890年(明治23年)のことです。
 
私達の耳には聞こえる音があります。それは約20ヘルツから20000ヘルツです。この範囲の音ならば聞き取ることが可能で、それ以外の音は実際に鳴っていても聞こえません。しかし、極端に高い音は音楽としては心地良くありません。
 
約4186ヘルツが私達の耳に心地良く聞こえる音だと言われます。これを越してしまうと雑音に感じてしまい音楽としてはマイナスになります。美しい音楽にはならないのです。「運命」の作曲家で有名なベートーベンは61鍵・68鍵・73鍵のピアノを使って作曲したようです。音の領域に関しても貢献度が高いのです。
 
85鍵のピアノが登場したのは19世紀後半。20世紀に入ろうかというときには、ようやく現在の88鍵が登場したのです。さらに88鍵を越すピアノに挑戦しているのが、ベーゼンドルファー製のインペリアルです。97鍵のピアノを特注で生産していますが、弦との共鳴が豊かな響きを与えるコンセプトがあるようです。
 
ですが現実に、97鍵のピアノが使われることはほとんどありません。この後、ピアノはペダルの効果によって、さらに豊かな音色を出せるようになりました。まるで、ささやくような耳に心地良く響く音色から、ガンガンと訴えかけるようなフォルテシモまで大胆な音を楽しめるようになったのです。

ピアノ種類

ピアノは楽器の王様とも呼ばれており、メロディーもコードもリズムもハーモニーも自由自在に奏でることができます。これまでの歴史の中で表現力の改良や発展を重ねてきました。それによって、いくつかの種類に枝分かれしてきています。この記事では【3種類のピアノの種類】について解説します。
 
■グランドピアノ
もともと、ピアノの始まりはグランドピアノでした。私達が目にするシーンで多いのは、コンサート会場・学校の講堂・音楽室・ホテルのロビー・レストランなど。多くの方々が集まる場所です。
 
その音色は多くの方々を魅了してきたのですが、豊かな響きと多彩の音色があるからでしょう。力強い演奏もあるし、繊細な演奏もあります。デリケートな表現ができて、さまざまな心情や情景を表現できるので人気の楽器なのです。
 
グランドピアノが登場したのは18世紀のこと。形状について、ほとんど変化することはなかったです。グランドピアノを上からいたら、大きな手袋みたいな感じ。音を出す弦は床と水平に張られています。高い音を出す弦は短いです。低い音の弦は長いのです。こういった特徴から独特の形になったのです。
 
■アップライトピアノ
グランドピアノは表現力があるのですが、場所を取るデメリットがありました。そのデメリットを克服して限られているスペースがあればピアノが設置できるようになったのがこのアップライトピアノです。フレームと弦を床と垂直になるようにデザインをしたわけです。
 
グランドピアノの機能をできるだけ活用して、できるだけコンパクトにするコンセプトを元に出来上がったのです。音質面で言いますとグランドピアノには劣ります。しかし、練習用のピアノ・趣味のピアノとして大いに普及しました。
 
近頃はグランドピアノの音色にできるだけ近づけるように、タッチや音色も改良されてきています。どんどんと省スペースモデルが大手の楽器会社が開発しています。ピアノの色も定番のブラックだけでなく、ホワイト・ブラウン・木目調なども販売されており、調度品としても楽しめるようになっています。デザイン性を重視したアップライトピアノも登場しています。
 
■電子ピアノ
電子データに変換された音源が内蔵されているピアノの形をした楽器が電子ピアノです。ヘッドフォンを使えば時間を気にしないで練習できます。ビギナーでも簡単に音色や音量をコントロールできるのです。電子ピアノはグランドピアノやアップライトピアノのように調律をすることもありません。
 
またサイズ感もコンパクトですから、日本の住宅事情にはピッタリとしたピアノです。近頃ではグランドピアノやアップライトピアノと同じように、鍵盤のタッチによって音の強弱をつけることができるようになっています。機能は充実しており電子ピアノファンも多くなっています。

ピアノ 買取

ピアノ 買い取り