ピアノの鍵盤は、どうして88鍵になったのでしょうか?

引っ越しをする場合にピアノはどのように扱うといいのでしょうか? 

 
ピアノがあるご家庭が引っ越しをするケースもあるでしょう。しかし、ピアノは大型家具のように取扱はできません。運送の手間や設置にも制限があるのです。どれほど大切にしていても、移動するのはとても面倒なものになります。ここでは、引っ越しする場合にどのようなポイントに注意をすればいいのかをまとめておきましょう。
 
まず、考えておかなければならないのは、ピアノを引っ越す場合のコストは高いことです。普通の家具とはことなりピアノは楽器ですからとってもデリケートにできています。運送する場合はトラックに載せますから振動があります。
 
それによって音色が変化することもあります。だから、ピアノを引っ越しして運ぶ場合は、専門の運送業者や引越業者のピアノ運送オプションを利用します。
 
その金額がとっても高額になります。例えば、引っ越し業者のオプションを利用した場合は、状況にもよりますが、安くても数万円の出費になります。それだけではなくて、ピアノの設置を前提とした場合に、楽器の設置が不可な物件を選べません。日常的にピアノを演奏することがなくなっているならば、引っ越しの機会に売却する選択肢もあるでしょう。
 
しかし、ピアノを演奏することがなくても、手放すことができない場合もあります。その場合は複数の業者に見積もりを依頼して料金の比較をしてください。